金沢市立病院 初期臨床研修医募集サイト

研修医の声

金沢市立病院での研修生活

大学病院とのたすきがけで、金沢市立病院で1年間研修させて頂きました。
市立病院での研修の特徴としては、一つの医局内に各科の先生方がいるので、相談がしやすく、指導医や各科との垣根が低いということがあります。また、研修医が少ないこともあり、研修医同士で手技を取り合うことなく、数多くの手技を指導医から指導して頂き、経験できるということです。指導医の指導のもと、1年目から、内視鏡検査やIVH挿入など、様々な手技を経験することができます。度々、他科からも、市中病院では珍しい検査を行う際には、呼んでいただけることもありました。
また、地域の中核病院であり、common diseaseをしっかり学ぶことができることも特徴の一つです。臨床研修において、重要視する人も多いのではないでしょうか。

(研修医M.U)

金沢市立病院での初期臨床研修について

私は金沢大学附属病院のいわゆるたすき掛け研修先として、1年間を金沢市立病院で研修させていただくこととなりました。
当院は中規模急性期病院として内科を始め外科や各種マイナー科もひと通り備えています。内科の中でも循環器や消化器、呼吸器、代謝、血液、神経など幅広く診療しているため、気軽に朝のカンファレンスや医局で専門的な質問に答えていただける機会も多く、興味のあることはどんどん伸ばしていける環境があると思います。大病院と比べて、医師一人ひとりが大きな役割を持っていますので、研修医といえどもやりがいを持って働くことができるはずです。
また救急体制は内科と外科に分かれており、内科ではウォークイン患者から救急搬送まで、外科では外傷や骨折、脳卒中などを全てファーストタッチで診させていただくことが可能です。もちろん途中から上級医の先生が一緒に診察してくれ、自分の診察、検査、治療方針について充分指導して下さいますので、安心して当直に臨むことが出来ます。完全な正解というものがない世界で、様々な先生の方針を耳にし、徐々に自分の医療が出来上がってゆくのではないでしょうか。
最初の2年間の伸びしろは、やる気次第で無限大だと思います。金沢市立病院で、医療の世界に羽ばたきましょう。

(研修医U.K)

お申し込み・お問い合わせ

〒921−8105 金沢市平和町3丁目7番3号

金沢市立病院事務局 担当:土肥(ドイ)

TEL :076-245-2600FAX :076-245-2690

e-mail:byouin@city.kanazawa.lg.jp