金沢市立病院 初期臨床研修医募集サイト

平成25年度研修医の声

平成25年度研修医の声

氏名:H.Y(金沢医科大学卒)

私は4月から金沢市立病院の基幹型初期研修医として勤務させていただいております。
研修内容で特筆すべき点は気管挿管の経験症例が他病院と比べても格段に多い事です。
1年通して先生の指導の下で経験を積めます。またコメディカルの方が積極的に技術、知識を教授してくださるので消化器エコー、心臓エコーなど必須な技術も高める事が出来ます。
研修医の数が少人数なので上級医からのきめ細かい指導を受けられ、研修プログラムは指導医と相談し、希望すれば上記の様な手技や症例を重点的に学ぶことも可能であり、個人に合わせた研修となります。
研修先を悩まれている学生の方々には1度見学に来てくださる事をお勧めします。
実際、私も大学5,6年生の頃は、多くの病院を見学し、研修医の先生と相談し、1日の業務内容を体験するなど様々な観点から研修先を決めました。
院長先生をはじめ多くの先生、コメディカルの方々が研修医を気にかけて下さり、病院全体で身のある研修生活にする熱意を感じて下さると思います。

氏名:I.S(順天堂大学卒)

私は金沢大学附属病院の初期臨床研修の地域医療連携実践プログラムを選択し、1年目に金沢市立病院で研修をさせていただいております。この1年間は内科を中心に研修を行いました。
4月に研修を始めた当初は自分がこの病院でどのような姿勢で、特に何を重点的に学びたいのかも具体的にイメージできていませんでした。なので、まずは最初の四カ月で内科をひととおり回り、そこから自由に研修する科を選択できたのはとてもよかったです。
各科の垣根も低く、自分が興味を持ったり疑問に思った症例は様々な科の先生方に相談することができたり受け持たせていただくことができました。
将来何科に進むにしても必要な、幅広いコモンディジーズに関しての基礎を作ることができました。また、各科を回っている際には手技に関わる機会を多く持たせていただきました。本や動画でも勉強はできますが、実際に繰り返し自分で手を動かすことでより手技に慣れ、理解を深めることができました。
自由度が高い、ということは同時に自分のやる気次第で研修で身につくことが大きく変わってくることでもあります。積極的な姿勢で臨めば臨むだけ指導医の先生方は応えてくださいます。ぜひ一度見学に来ていただいて、金沢市立病院で有意義な研修生活を送っていただければと思います。

お申し込み・お問い合わせ

〒921−8105 金沢市平和町3丁目7番3号

金沢市立病院事務局 担当:土肥(ドイ)

TEL :076-245-2600FAX :076-245-2690

e-mail:byouin@city.kanazawa.lg.jp