• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

腎臓・リウマチ科

腎臓・リウマチ科

高血圧、腎臓病、膠原病の診療、透析センターを担当しています。
健康診断で、血圧が高い、蛋白尿・血尿が出ている、腎臓の働きが低下しているなどの異常を指摘された方の診療を行います。保存期腎不全から末期腎不全に対する透析療法まで、慢性腎臓病について総合的に診療を行います。また、発熱、皮膚症状、関節症状などから膠原病の診断を行い、一人一人の病状に合わせた治療を行います。

スタッフ紹介

高桑 浩

高桑 浩科長

【専門分野】
内科、腎臓

【資格等】
日本内科学会認定 総合内科専門医、日本循環器学会認定 循環器専門医
日本腎臓学会認定 腎臓専門医、指導医、日本透析医学会認定 透析専門医・指導医
日本アフェレーシス学会 専門医

堀越 慶輔

堀越 慶輔医師

【専門分野】
内科、腎臓

【資格等】

その他(専門外来、研究、設備等)

生活習慣病外来【事前予約制】

40歳~74歳の方は、特定健診を受診されますが、メタボリックシンドロームと診断された方は、生活習慣病外来の受診をお勧めします。
看護師、管理栄養士による生活習慣の改善指導、栄養指導を行っています。月1回通院していただき、6か月で3-5kgの減量をめざします。

腎臓機能改善外来【事前予約制】

慢性腎臓病には、生活習慣の改善、腎臓食の栄養指導を行っています。減塩、タンパク制限食により、腎臓機能の低下速度を緩徐にすることをめざしています。

高血圧、糖尿病などの生活習慣病が腎硬化症、糖尿病性腎症などの慢性腎臓病の原因となります。
症状がなく、ひそかに進行する沈黙の病気です。

一度症状が出現すると、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症など生活の質が低下し、命取りになることもある病気です。