• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

放射線室

放射線室

放射線科では病気の診断の手助けとなる、レントゲン写真、CT装置、MRI装置、血管造影装置、超音波装置、X線TV装置、泌尿器撮影装置、乳房撮影装置、核医学装置、骨密度測定装置などの高度な医用画像装置を備え、安心して患者様に検査を受けていただける体制を整えております。
院内外の各診療科に対して、できるだけ迅速に診断の報告書を作成するように心がけています。

診療(業務)内容

一般・ポータブル撮影(DR)

X線という放射線を身体のみたい部位に照射し画像を得る検査です。
ポータブル検査では、移動することが出来ない患者様のために、装置自体が患者様のところまで移動して撮影を行います。
当院ではDR(デジタルラジオグラフィ)システムを採用し、専用のフラットパネル装置で撮影することで、画質の向上と撮影線量の低減を図っています。

CT検査

CT検査

16cm幅の面検出器を備えるCT装置1台を運用しています。
高速スキャンを利用して短時間で広範囲を少ない線量で撮影できますので、1回の撮影で多くの情報が得られると同時に患者さんにも負担の少ない検査が行えます。
造影剤を使用して血管を描出する3D撮影や、多断面で病変部を観察する画像再構成も行っています。

MRI検査

MRI検査

X線を使用せずに強力な磁力と特殊な電波を利用し、体内を任意の断面で得ることができる解剖学的、質的診断にきわめて有効な検査です。
頭部、脊髄、関節、腹部などさまざまな部位の検査が可能で、急性期脳梗塞の検出や造影剤を使用せずに頭頸部の血管や胆嚢、膵胆管を描出することができます。

核医学(RI)検査

核医学(RI)検査

核医学検査とは、放射性同位元素を含んだ薬を体内に投与し、専用のカメラで撮影することで対象となる臓器の形、機能(働き)などを調べる検査です。
骨のがんや心筋梗塞、アルツハイマー型認知症などの診断に有用な情報を得る事が出来ます。

X線テレビ検査

X線テレビ検査

X線テレビ装置は、X線を連続的に発生させ、その透視像を観察する検査です。
主な検査としては消化管の造影検査や内視鏡装置と併用して行う検査、骨折や脱臼の整復等にも使用しています。
また、当院のX線TV装置はフラットパネル検出器を使用した装置で被曝線量の軽減に努めています。

血管撮影検査

血管撮影検査

血管撮影室で、手首や肘、足の付け根(鼠径部)の血管にカテーテル(血管より細く長い管)を挿入し、造影剤(血管を描出する薬)を注入して、血管内の状態や血液の流れを調べる検査です。
また、心筋梗塞や脳梗塞、くも膜下出血などの血管障害の治療も行っています。

乳房(マンモグラフィー)検査

乳房(マンモグラフィー)検査

マンモグラフィ検査は、乳房を圧迫しながら撮影することで、腫瘤や微小石灰化を見つけることができ、早期乳癌の発見に大変有用な検査です。
平成30年1月に装置を更新し、より精度が向上し被爆の低減も実現しました。
また、マンモグラフィは痛みが強い検査と言われてきましたが、新しい装置では、痛みの軽減が可能となりました。
当院では、撮影は3名の女性技師が検査を担当いたします。

骨密度検査

骨密度検査

当院では、X線を使用した骨密度測定装置で腰椎や大腿骨の検査を行います。
骨折の原因となる骨粗しょう症の検査を行うもので、骨の密度を測定します。
測定中は息を止める必要もなく、痛みもなく、15分程度体を動かさないよう寝ていただくだけです。
また、グラフなどで前回の検査結果と比較することもできます。

超音波検査

超音波検査

検査をする時は体表面に超音波検査用ゼリーを塗り、プローブという超音波を出す器具をあてて体内の様子を観察します。
X線撮影やCT検査と違い放射線被ばくがないので繰り返し検査ができ、痛みもありません。
放射線室では心臓以外の部位、腹部(肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓)、甲状腺、乳腺、頸動脈、下肢動静脈等の検査を行っています。

スタッフ紹介

上田 隆之

上田 隆之室長

【担当分野】

【資格等】
日本放射線学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医師

放射線室 スタッフ
  • 安土 佳宏副室長

    【担当分野】
    超音波検査、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師、超音波検査士(消化器領域・体 表臓器領域)

  • 東 登志之担当室長補佐

    【担当分野】
    核医学検査、一般撮影、血管撮影

    【資格等】
    診療放射線技師

  • 泉 文也主査技師

    【担当分野】
    CT検査、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師

  • 中島 ともゑ主査技師

    【担当分野】
    超音波検査、乳房撮影、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師

  • 山田 崇晶主査技師

    【担当分野】
    血管撮影、MRI検査、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師

  • 大田 麻紀子主任技師

    【担当分野】
    乳房撮影、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師、検診マンモグラフィ撮影技師認定

  • 柏屋 総一郎主任技師

    【担当分野】
    核医学検査、CT検査、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師、第1種放射線取扱主任者、日本DMAT隊員

  • 太田 和宏技師

    【担当分野】
    CT検査、MRI検査、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師、X線CT認定技師

  • 山田 美月技師

    【担当分野】
    乳房撮影、一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師、検診マンモグラフィ撮影技師認定

  • 松野 圭一技師

    【担当分野】
    一般撮影

    【資格等】
    診療放射線技師

その他(専門外来、研究、設備等)

320列CTによる冠動脈検査

従来心臓を栄養する冠動脈という血管が狭くなることにより起きる虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断には、入院して動脈にカテーテルという細い管を入れる「心臓カテーテル検査」をしなければわかりませんでした。
当院では2013年10月に320列CT装置(コンピュータ断層撮影装置)を導入し、心臓カテーテル検査の代わりに「冠動脈CT」による心臓(冠動脈)の検査が可能となりました。
これにより入院をしなくても外来で検査を受けることができます。
320列CT装置の特徴を生かすことにより検査時間が短縮され、造影剤の量やX線被ばくも減らすことができるようになりました。

320列CTによる冠動脈検査

大腸CT検査

大腸CT検査

大腸CT検査は、肛門から炭酸ガスを注入し大腸を膨らませ、最新のマルチスライスCT装置で撮影する検査法です。
この撮影により得られた大腸の画像を専用のワークステーションで3D処理することで、内視鏡を挿入しなくても大腸の状態を観察することができます。
内視鏡検査に比べて苦痛が少なく、短時間で検査を行うことが出来ます。