• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

外科

外科

外科では、虫垂炎、胆嚢炎、胃癌、大腸癌などの消化器疾患、痔核などの肛門疾患、乳癌などの乳腺疾患、ヘルニア(脱腸)などの一般外科疾患を診療しています。
消化器内科等、関連の部局と緊密に連携をとり、手術療法のみに固執することなく、患者さんに最適な治療法を提案していきます。
また、麻酔科と連携し、安全かつ痛みの少ない手術をめざしています。

診療(業務)内容

手術

開腹手術、鏡視下手術(小さなテレビカメラを体内に入れて、手術をします)の双方を行っています。

化学療法

いわゆる抗がん剤治療です。患者さんの状態により、外来あるいは入院で行います。

痔核硬化療法

痔核については、内服剤、外用剤、硬化療法、手術など、すべての治療法に対応可能です。硬化療法とは、特殊な硬化剤を、4段階に分けて痔核に注入し、治療するものです。

スタッフ紹介

廣瀬 宏一

廣瀬 宏一科長

【専門分野】

【資格等】
日本外科学会 外科専門医、日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医、日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医、日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医、NPO法人 マンモグラフィー検診精度管理中央委委員会認定マンモグラフィー読影資格

曽我 真伍

曽我 真伍医師

【専門分野】
一般消化器外科、肛門外科

【資格等】
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本がん治療認定医

その他(専門外来、研究、設備等)

外科の鏡視下手術システムは、新型機器に更新されました。
手術中の画像を撮影するテレビカメラにはマルチCCDが搭載され、より高細密かつ色再現性に優れたHD画像を、16:9サイズの大画面4Kモニターにアップコンバート(疑似4K画像)して表示します。
この新型機器導入により、より精密かつ正確な手術を施行できるようになりました。