金沢市立病院 看護部
看護部の取り組み

看護部の取り組み
nursing part of efforts

Contents

  • 看護部長ごあいさつ
  • 理念・目標
  • 看護部の取り組み
  • 研修年間スケジュール
  • 先輩看護師の声
  • 看護師募集

Contents

  • 看護部長ごあいさつ
  • 理念・目標
  • 看護部の取り組み
  • 研修年間スケジュール
  • 先輩看護師の声
  • 看護師募集

金沢市立病院では次の理念に基づき、
「根拠に基づいた責任ある看護」が
実践できる看護師を育成しています。

教育体制

教育理念

専門職業人として状況に応じた
看護を展開できる能力と、
自己啓発による資質の向上を図る。

教育目標

  1. 各自が自分の役割を認識し、主体的に行動できる。
  2. 個々の能力を開発し、自己啓発を支援する。
  3. 専門職業人として自立性を高め、成長を図る。

教育開発

看護師教育研修を担当する部門として「教育開発室」を設置し、専従看護職員を配置しています。

教育開発室は平成20年4月に専任の教育担当部署として発足しました。
専任の看護師2名(大学院修了者1名、認定看護師1名)と兼任の看護師1名(認定看護師)で構成されています。
主体性を持ち、地域のニーズを反映した看護を提供できる看護師の育成を目指し、看護部教育委員会と連携を取りながら、
院内の看護師教育を企画・運営しています。新規採用看護師の教育はもとより、不安な看護技術のフォローアップや知識の確認等、共に学び、向上できるように取り組んでいます。

資格取得・キャリアアップサポート

院内で各種の研修を開催するとともに院外研修受講の機会も設け、
本人の希望・適性に合わせた専門資格の取得を積極的に支援しています。

認定看護師育成事業

認定看護師の資格を取得させることを目的に、職員を認定看護師教育課程に派遣し、修了 させるために必要な経費の一部を助成します。
当該年度の予算に基づき、認定看護師教育課程受講のために必要な入学金、授業料(受 講料)、を全額病院が負担します。

金沢市職員大学院修学助成

大学の大学院博士課程で修学する職員に対し、修学に必要な経費の一部を助成します。
金沢市職員大学院修学助成実施要領に基づき、入学金、授業料及び学会等の参加経費の6割相当額を助成します。
(上限額 1人につき、入学金および授業料は50万円、学会等の参加経費は10万円を限度)

未就業看護職員再就業支援研修

未就業看護職員を対象に、基本的な臨床実践能力の呼び戻しにより円滑な職場復帰を図ることができます。
石川県が実施する標記事業の対象施設となっており、看護業務の経験年数3年以上で離職期間が1年以上の未就業の方について、当院で作成した研修計画に基づきながら非常勤職員として就業していただき、その後の円滑な職場復帰につなげていくことができます。

Hospitality Art Project

味わいの医療の一環として、Hospitality Art Projectに取り組んでいます。
Hospitality Art Projectは金沢美術工芸大学とのJoint Projectです。

ページトップへ