• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

循環器内科

当科で扱う疾患は心臓病および全身の血管疾患であり、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症)、心不全、心臓弁膜症、心筋症、致死的不整脈(心室細動、心室頻拍、完全房室ブロック)、心房細動およびその他の不整脈、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)、大動脈解離、大動脈瘤など非常に多岐にわたります。
どの疾患においても迅速・精確な診断とエビデンスに基づく安全・確実な治療を行うことを心がけています。

診療(業務)内容

血管内カテーテル治療

当科では冠動脈に対するカテーテル治療を積極的に行っています。
高齢化や喫煙、糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって動脈硬化性疾患は増加の一途をたどっています。
冠動脈が動脈硬化によって閉塞し血流が無くなる結果心筋が壊死する状態が急性心筋梗塞です。
一刻も早い血流の回復が必要であり緊急にPCI(バルーンカテーテルによる血管拡張/ステント留置)を行うことが最善の治療です。
当科ではカテーテル治療の経験豊富な医師により緊急PCIをいつでも行える体制をとっています。

冠動脈CT

当院では320列CTを導入しております。従来までの64列以下のCTよりも高速で撮影することが可能であるため、心臓のように動きを伴う臓器の評価においてとくに威力を発揮します。
冠動脈疾患の早期発見および適切な治療への貢献が期待できます。

  • 冠動脈CT
    冠動脈CT
  • 心臓カテーテル検査
    心臓カテーテル検査
  • ステント治療後
    ステント治療後

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は足の血管が動脈硬化で詰まる疾患で、ABIという簡単な検査ですぐに発見することができます。
当科ではこの閉塞性動脈硬化症に対してもバルーン/ステントを用いたカテーテル治療を積極的に行っており、慢性完全閉塞などの難易度の高い病変に対しても確実な治療成果を挙げています。

ペースメーカー移植術

ペースメーカー移植術は当科の得意とする分野です。
胸郭外鎖骨下静脈穿刺法によるリード留置を行っており、気胸など手術時の合併症を減らすとともにリード損傷を未然に防いでデバイスの寿命を長くすることに貢献しています。

心臓リハビリテーション

循環器疾患に対する運動療法、すなわち心臓リハビリテーション療法が注目されています。
適切な運動処方に基づいて運動を行うことで狭心症や心不全の症状が改善したり、寿命が延びるといった効果が得られています。
当科においても心臓リハビリテーション室を設置し、急性心筋梗塞後や心臓手術後の運動療法を行っています。

和温療法

平成20年から和温療法を導入いたしました。
全身を乾式遠赤外線サウナで温めた後保温するというシンプルな治療法です。
他の治療法と大きく異なる点は不快感がないばかりか、反対に「気持ちが良くなる」ことが特徴であり、心不全や閉塞性動脈硬化症の症状の改善が得られます。
当院では心臓リハビリテーション室にこの和温療法装置を併設し実際の治療に使用しています。

スタッフ紹介

髙田 重男

髙田 重男病院事業管理者

【専門分野】
循環器一般

【資格等】
日本内科学会 総合内科専門医、日本循環器学会 循環器専門医

村井 久純科長

【専門分野】
循環器一般

【資格等】

徳久 英樹医師

【専門分野】
循環器一般

【資格等】

杉本 寛之医師

【専門分野】
循環器一般

【資格等】