泌尿器科

泌尿器科について

金沢市立病院泌尿器科の現在のスタッフは、森下裕志(科長)、飯島将司の2名の常勤医のほか、外来では2名の看護師および1名の受付がいます。病棟は、3階東病棟にあり、ここは外科、脳神経外科、整形外科との混合病棟です。 一般外来は、月曜日から金曜日までの、午前中です。午後はできるだけ対応はしていますが、手術、検査等で診察ができないこともあります。

泌尿器科の外来の様子

なお、2022年4月より飯島医師による男性不妊外来を、金曜日の午後に行っております。 また毎週火曜日の午後に頻尿、尿意、切迫感、尿失禁などの症状でお困りの女性に対してコンチネンスケア外来を行っております。

現在取り扱っている疾患は、泌尿器科全般にわたっており、入院患者では、腎、尿路結石などの尿路結石症や前立腺肥大症が多く、これに次いで腎癌、膀胱癌、前立腺癌などの悪性腫瘍も多くなってきています。また、外来では、最近話題の過活動膀胱や尿失禁、排尿障害といった下部尿路疾患や膀胱炎、腎盂腎炎などの尿路感染症が多くなってきています。

治療につきましては、悪性腫瘍に対しては内視鏡手術を含めた手術による治療を根幹に、必要に応じて抗癌化学療法も積極的に取り入れています。尿路結石には、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)(ドイツ、Wolf社製のものを使用)を中心に、症例によっては内視鏡手術も積極的に施行しております。前立腺肥大症については、軽度のものは薬物による治療、また手術は原則として内視鏡による手術です。

以上、ごく簡単に当科の概要ごときものについて述べましたが、今後とも新しい治療法の導入を含め、より充実した診療を目指したいと思っております。

男性不妊外来

 男性不妊症は泌尿器科疾患の中でも特殊な領域であり、全国的にも専門医が少ない状況です。当院の男性不妊外来では生殖医療専門医が責任を持って皆様の診察に当たっております。
 なかなかお子さんを授かることができず悩んでいる方、精液検査で異常を指摘されているにも関わらず一度も泌尿器科を受診されていない方は一度専門医の診察をお勧めします。
 専門外来の詳細はコチラ

スタッフ紹介

森下裕志科長

森下裕志 科長

  • 担当分野:泌尿器科一般
  • 資格等:
    日本泌尿器科学会専門医
飯島将司医長

飯島将司 医長

  • 担当分野:泌尿器科、男性不妊症
  • 資格等:
    日本泌尿器科学会専門医・指導医
    日本生殖医学会生殖医療専門医
    日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
    日本アンドロロジー学会評議員
    日本生殖医学会代議員