• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

産婦人科

  

 

産婦人科について            

 2019年4月より橋本茂先生の後任として、産婦人科に金谷太郎が赴任しました。


 当院産婦人科において、最新の治療指針に沿った地域医療の実践を目標としています。


 具体的には、①低リスク周産期管理、②良性婦人科腫瘍の手術、③女性のライフサイクルに合わせた診療、④生活環境を配慮した心のケア、を診療の柱と考えています。 

 

 

①周産期管理 

 少子高齢化が叫ばれて久しい我が国ですが、子供を産み育て幸せな家庭生活を築きたいとの思いは世代間を超えた共通の願いです。現在は価値観や生活環境の多様化が進んで、「快適で幸せな出産」を願う声は以前よりも高まっています。当院では公立病院の産婦人科が担う使命を果たすため、できる限り多くの妊婦さんの声に耳を傾ける努力をスタッフ一同続けます。

 「快適で幸せな出産」は言い換えると「普通のお産」だと思います。現代の医療レベルに沿ってアメニティにも配慮した「普通のお産」を目標にしています。

 妊娠中の母児に万が一配慮すべき兆候を見つけた場合は、個々に改めて治療方針の説明を行います。石川県内の周産期センター(金沢大学、金沢医療センター、石川県立中央病院、金沢医科大学)とも緊密な連携を取って、より質の高い周産期管理の実践を目指します。 
 
 

②婦人科手術

 ここ最近、産婦人科領域における手術方法は大きな変貌を遂げました。「腹腔鏡手術」が多数行われるようになり、「ロボット支援手術」も産婦人科領域に応用され始めました。

 ただし「開腹手術」や「腟式手術」の必要性が失われたわけではありません。婦人科領域には子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成などの手術を必要とする多数の患者さんがいます。当院ではこれらの疾患に対して、子宮全摘術、子宮筋腫核出術、腹腔鏡下卵巣腫瘍切除術、子宮鏡下内膜ポリープ切除術、子宮頸部円錐切除術などを積極的に行っております。

 悪性腫瘍に対する集学的治療や難易度の高い腹腔鏡手術などは、連携しているセンター病院への紹介を検討させていただきます。
 
 

③女性のライフサイクル

 少子高齢化社会は、女性のライフサイクルにも大きな影響を及ぼしました。

 10代前半で初潮となり50歳前後で閉経を迎えるのは時代が変わっても大きな変化はありませんが、現在我が国では出産が減って閉経後の人生が長くなりました。「年齢相応に年老いてもよい」と考える人は稀で、「いつまでも若く美しく生きたい」「健康寿命を延ばしたい」と思う方が大半だと思います。

 更年期に対するホルモン補充療法、漢方療法、サプリメント等について、当院ではそれぞれのメリットとデメリットについて丁寧な説明を心がけて積極的に推奨しています。ホルモン治療をやめるタイミングで悩んでいる患者さんも多いので、治療の中止や減量、他の治療への変更についても併せて相談に応じます。

 もう一つ、10~20代を中心とした若年女性の「月経困難症」「子宮内膜症」についても積極的な治療を勧めています。単に「生理痛が強い・生理が重い」と感じて放置してしまった場合は子宮内膜症に進行してしまう可能性が高いため、それを予防するための方法について相談させていただきます。

 

 ④心のケア

 現代は何かと不安になることの多い世の中になったと感じます。

 筆者(金谷)は前任地の金沢医療センターにおいて、統合失調症や双極性障害などを合併している妊婦さんや婦人科患者さんの診療を多く経験してきました。精神科専門医への紹介を必要とするほどではない、軽い不安感などを抱えた方は意外に多い社会です。

 当院に受診された患者さんの中にもし不安なことがあるのであればまず、心の中の問題点は何なのかをできる限り問診でお聞きします。産婦人科診療で解決できるか、精神科専門医や高次機能病院へ紹介すべき方か、ソーシャルワーカーや行政の担当者に引き継ぐ問題は何か、に注意して相談を進めさせていただきます。 

診療(業務)内容

産婦人科

 

 

初診時の問診について

 外来初診時の問診には、少々お時間をいただきますのでご了承ください。

 

 

一般的な問診について

 初潮年齢、結婚年齢、閉経年齢、妊娠・出産回数などの産婦人科に関連したこと以外にも、既往歴、家族歴、喫煙・飲酒歴、内服薬、ご職業、配偶者などについてお聞きします。産婦人科以外の診療情報もまれに治療方針の決定に重要な意味を持つ場合があるためですが、2回目以降の再診では詳細な問診は不要です。

 

 

一般的な産婦人科外来診療について

 子宮頸部細胞診と経腟超音波エコー像を重視します。問診での訴えや診察時の所見において必要と判断された場合に、子宮体内膜組織検査、腟内細菌培養検査、クラミジア・淋菌検査などを追加します。若年者・性交未経験者の場合には内診以外の経腹超音波検査や採血検査などで方針を検討します。

 

 

妊婦健診について

 胎児超音波エコー像の確認を行います。妊娠週数相当の胎児発育か、胎児の形態異常はないか、胎児心拍・羊水量・臍帯血流が正常範囲内かに注目して検査しますが、妊婦さん本人がご家族と一緒に胎児エコー像を見たい場合はぜひ一緒に診察室に来ていただきたいと思います。

 

 

助産師について

 妊婦健診時の出産に対するアドバイスや出産後の乳房管理など、当院助産師も積極的に関与します。妊婦さんには妊娠中の栄養・体重管理や出産前に準備することなど、胎児4Dエコー像を確認しながら助産師が説明します。定期的に行われている母親学級では、医師・栄養士・助産師が約1時間の出産に向けたお話をします。母乳栄養も重視していますので、出産後入院中から退院後の乳房管理についても個々の状況に応じて詳しく説明させていただきます。 

その他

授乳コーナー 

授乳コーナーをご用意しております。 
お気軽にご利用ください。
 

マタニティクラスについて

 
 

スタッフ紹介

金谷 太郎 科長

 

【専門分野】
産婦人科一般 婦人科細胞診

 

【資格等】
日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研究指導医
石川県医師会母体保護法指定医
石川県難病指定医
臨床研修指導医講習会 修了
日本周産期・新生児学会 新生児蘇生法専門コース 修了
石川県がん診療に携わるに対する緩和ケア研修会 修了
日本サイコオンコロジー学会コミュニケーション技術研修会 修了
妊娠と薬情報センター 業務研修会 修了
国立病院機構医療安全管理研修会 医療安全IIコース 修了