• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

産婦人科

産婦人科

診療面では、子宮癌の早期発見に努め、子宮頸部・体部の細胞診はほぼルーチンに行っています。
子宮頸部異形成以上の病変が疑われる場合には、コルポスコピーで観察しながら、部分組織診を施行します。また、希望に応じて、HPV検査を行っています。
子宮頸部高度異形成、上皮内癌に対しても、妊娠を希望し、強く子宮温存を望む患者さんに対しては、インフォームド・コンセントを充分に行い、厳重な術後観察の下に、リープシステムによる子宮頸部円錐切除を行っています。

子宮内膜症、卵巣腫瘍などの診療は、超音波検査、MRI検査、腫瘍マーカー値測定などを行い、病態に応じて、ホルモン療法、漢方療法、手術療法、化学療法を行っています。
更年期外来(火曜日の午後に予約制)では、ホルモン補充療法・漢方治療を中心に、骨密度はDEXA(体脂肪率測定も可能)で測定し、骨粗鬆症の治療・予防も積極的に行っております。
また希望に応じて、マンモグラフィ併用による、乳癌検診を行っています。

不妊治療として、基礎体温の測定、視床下部・下垂体・卵巣の内分泌検査、子宮卵管造影、排卵予想、ルビン検査、ヒューナーテスト、免疫性不妊検査、精子濃縮AIHなどの治療を行っています。
産科は、厚生労働省の産科医療保障制度加入機関として、妊産婦の診察・分娩を取り扱っています。
4Dの超音波装置により胎児エコー検査、分娩監視装置による胎児診断をおこなっています。
新生児は小児科医による診察を受けます。
助産師は、妊産婦保健指導、授乳相談、乳房マッサージを担当しています。

診療(業務)内容

スタッフ紹介

金谷 太郎

金谷 太郎科長

【専門分野】
医師免許、日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医、石川県医師会母体保護指定医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。日本臨床細胞学会教育研究指導医

【資格等】
日本周産期・新生児医学学会 新生児蘇生法Aコース
石川県がん診療に携わるに対する緩和ケア研修会
日本サイコオンコロジー学会コミュニケーション技術研修会
国立病院機構医療安全管理研修会 医療安全IIコース
妊娠と薬情報センター 業務研修会

三宅 栄子

三宅 栄子助産師・看護師

【資格等】

日本助産学会

ベビーマッサージインストラクター

受胎調節実施指導員