• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

脳神経外科

脳神経外科

当院では昭和63年に診療科として脳神経外科が開設されました。
受診される患者さんは脳卒中、重症頭部外傷が主体です。
脳卒中に関しては急性期治療(手術、血管内治療、血栓溶解、血栓回収術等)を担当し、脳卒中地域連携パスにより、急性期治療から回復期、生活期に至る継続した治療を提供できるように近隣の医療施設,介護施設と連携をとっています。
頭痛や痙攣などで発見されることが多い脳腫瘍や、脳ドック等により発見された未破裂脳動脈瘤、脳血管狭窄などについても精査治療を行っています。

診療(業務)内容

急性期脳梗塞治療

脳梗塞を発症した場合、急性期治療が重要となります。
搬送後できるだけ短時間で治療を開始できる体制をとっています。
超急性期血栓溶解、血栓回収を施行し、後遺症を最小限にできるように治療しています。

神経内視鏡手術

内視鏡を使用して、頭蓋骨に開けた小さな穴から脳内出血を摘出します。
従来の手術顕微鏡下手術に比べ、短時間で負担も少なくなります。

スタッフ紹介

池田 正人

池田 正人副院長・科長

【専門分野】
脳神経外科一般

【資格等】
日本脳神経外科学会専門医

南出 尚人

南出 尚人医師

【専門分野】
脳神経外科一般、脳血管内治療、神経内視鏡手術

【資格等】
日本脳神経外科学会専門医、脳卒中専門医、日本脳神経血管内治療専門医

赤池 秀一

赤池 秀一医師

【専門分野】
脳神経外科一般、神経内視鏡手術、救急・災害医療

【資格等】
日本脳神経外科学会専門医