• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

薬剤室

薬剤室

薬剤室は、一階の外来待合室に面した内服・外用薬調剤室と、地下の注射薬調剤室、薬品保管庫、製剤室の二階建て構造です。
外来患者さんからは、一階の窓口しか見えませんが、地下でもたくさんの薬に関する仕事をしています。調剤だけでなく、患者さんの薬物療法が効果的に行われるように、患者さんと面談して薬の説明、副作用の確認をしたり、感染症、栄養管理、疼痛管理、糖尿病指導、医療安全など多くのチームにも参加し、薬剤師の視点で貢献できるよう勉強しています。
薬剤師の平均年齢は若く、みんな元気に楽しく仕事をしています。
それぞれが専門性を持って、より高度な薬物療法に貢献できるよう、日々研鑽を積み、専門薬剤師や認定薬剤師を取得したり、臨床で出会った課題を研究し、学会発表、論文発表につなげています。

診療(業務)内容

調剤業務

金沢市立病院では、原則、院外処方箋発行となっていますので、主に入院患者さんの薬を調剤しています。
患者さんの状態に合わせて、一包化、粉砕、分割、簡易懸濁など飲みやすさの工夫もします。

医薬品情報

薬に関する様々な情報は、製薬会社、厚生労働省、医薬品卸、学会等から届きます。
これらの情報をもとに、DIニュースを月に2回発行します。
特に病棟で使える情報をわかりやすく一覧にして届けます。
(例:DPP-4阻害薬一覧、二段階希釈が必要な薬剤一覧、手術前休薬の一覧など)

注射薬調剤

入院患者さんや外来患者さんの注射薬を、アンプルピッカーで一回分ずつ調剤し、病棟や外来へ届けます。
注射薬カートは、施錠できるようになっており、安心です。
個人情報保護のため、注射薬カートの名前は、使用前は非表示にしてあります。
中心静脈栄養、抗がん剤のミキシングはそれぞれ専用の部屋で自動監査システムを用いて調製します。

製剤・TDM

市販されていない製剤を作ったり、大容量の点眼薬を小分けしたりしています。
蒸留水製造装置や、オートクレーブ、吸光光度計、遠心機なども備えています。
院内で頻用される薬剤の血中濃度を測定し、投与設計を行います。

スタッフ紹介

 竹田 和喜

竹田 和喜室長

【専門分野】
医療薬学

【資格等】
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師、日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター 認定薬剤師、日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師

 

宇夛 裕基主査

【専門分野】
がん、感染

【資格等】
博士(薬学)金沢大学、日本医療薬学会がん専門薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師、日本DMAT隊員

 

今井 富紀子主任

【専門分野】
栄養

【資格等】
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師

 

藺上 圭子主任

【専門分野】
糖尿病、がん

【資格等】
日本病院薬剤師会生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、糖尿病療養指導士、日本医療薬学会がん専門薬剤師、化学療法レジメン登録担当

 

鳥羽 英理子

【資格等】
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、日本病院薬剤師会平成29年度生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター認定薬剤師

 

小路 晃平

【専門分野】
栄養、救急

【資格等】
ホスピタルアートプロジェクトスタッフ、まちなかサロンスタッフ、DIニュース編集担当

 

奥 真由

【専門分野】
感染

【資格等】
転倒転落予防チームメンバー、感染制御チームメンバー

 

中野 智尋

【専門分野】
緩和ケア 

【資格等】
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、緩和ケア回診メンバー、薬事委員会事務担当

 

吉田 芙美非常勤

【資格等】
転倒転落予防チームメンバー

その他(専門外来、研究、設備等)

がん患者指導

日本医療薬学会がん専門薬剤師が2名在籍しています。
がん化学療法に関する説明、相談に随時対応可能です。
薬の副作用、治療上の不安などお気軽にご相談ください。

薬物血中濃度測定、投与設計 

シーメンス社 Viva-Eシステムを使い、血中濃度を測定し、投与設計を行います。
外注測定項目、院内測定項目いずれに関しても、半減期、採血時間、服用時間から有効性の判断ができる体制を整えています。
院内測定項目(フェニトイン、バルプロ酸、カルバマゼピン、フェノバルビタール、テオフィリン、ジゴキシン、バンコマイシン、メソトレキセート)

レジデント制度あり

日本医療薬学会のがん専門薬剤師の研修施設です。
レジデント(5年間、月給制)を引き受けて指導します。
ご希望の方は、お問い合わせください。

TABジャッジ(ユヤマ)

一包化された薬剤を瞬時に識別できるシステムです。患者さんの常用薬を正しく鑑別できます。

 

 

原著論文

○2019年度

中野智尋、梅下翔、加畑千春、山田秀治、河原昌美. ナルデメジン投与でコリン作動薬併用患者に発現した重篤な下痢症状の1例. 日本緩和医療薬学雑誌. 12: 61-64 (2019).

 

○2018年度

Hiroki Uda, Yukio suga, Eriko Toriba, Angelina Yukiko Staub, Tsutomu Shimada, Yoshimichi Sai, Masami Kawahara, Ryo Matsusita. Multiday corticosteroids in cancer chemotherapy delay the diagnosis of and antimicrobial administration for febrile neutropenia: a double-center retrospective study. Journal of Pharmaceutical Health Care and sciences. 5: 3 (2019).

 

○2017年度

鳥羽英理子、藺上圭子、今井富紀子、宇夛裕基、梅下翔、山島糸、河原昌美. 外部委託から院内へ薬物血中濃度測定を切り替えた中小病院の取り組みとその評価. TDM研究. 34: 13-19 (2017). 


麻生美佐子、宇夛裕基、河原昌美、中野正人、辻未希子、浜手ひとみ.高齢者の大腿骨頸部・転子部骨折手術後リハビリテーションにおける降圧薬の影響. 医療薬学. 43: 63-71(2017).

 

学会発表


○2019年度

吉田芙美、梅下翔、中野智尋、今井富紀子、鍛治保奈美、河原昌美. 終末期に低投与熱量で疼痛コントロールとQOLを維持できた症例. 第13回日本緩和医療薬学会. 2019年6月(東京). 

  

○2018年度

小路晃平、梅下翔、山島糸、西千恵子、河原昌美. ERCP後欠食期間の情報提供による栄養改善について. 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会. 2019年2月(東京). 

 

西千恵子、宇夛裕基、加畑千春、河原昌美. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬継続患者の術中低血圧に対する昇圧薬を用いた血圧管理状況. 第28回日本医療薬学会年会. 2018年11月(神戸). 

 

今井富紀子、宇夛裕基、梅下翔、河原昌美. 実務実習ですべてのSBOsを達成し学生の理解度を高めるための取り組み. 第57回全国自治体病院学会. 2018年10月(福島). 

 

河原昌美、今井富紀子、宇夛裕基、梅下翔、藺上圭子、小路晃平、奥真由、中野智尋. 薬剤管理指導件数増加に向けた効率的な業務分担シフトの検討. 第57回全国自治体病院学会. 2018年10月(福島). 

 

中野智尋、梅下翔、加畑千春、山田秀治、河原昌美. コデインリン酸塩散内服中の便秘に対してナルデメジンを投与し、重篤な下痢が発現した一例. 第12回日本緩和医療薬学会. 2018年5月(東京). 

 

○2017年度

中野智尋、藺上圭子、河原昌美. 使用実績に基づく採用医薬品数適正化に向けた薬事委員会としての取り組み. 第138回日本薬学会年会. 2018年3月(金沢). 

 

小路晃平、梅下翔、山島糸、西千恵子、河原昌美. ERCPおよび上部消化管手術・処置後の欠食患者における栄養管理. 第138回日本薬学会年会. 2018年3月(金沢). 

 

藺上圭子、若山麻紀、宇夛裕基、中積泰人、河原昌美. クリゾチニブを簡易懸濁法にて投与した肺腺癌Ⅳ期の一例. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会. 2018年3月(横浜).  

 

河原昌美. 薬物療法専門薬剤師の仕事を評価する. 第27回日本医療薬学会年会. 2017年11月(東京). 

 

奥真由、河原昌美. 2017年金沢市における麻疹発生の対応とワクチン確保の重要性. 第56回全国自治体病院学会. 2017年10月(東京). 

 

藺上圭子、河原昌美. 多様化する吸入デバイスによる課題と対応に関する検討. 第56回全国自治体病院学会. 2017年10月(東京). 

 

Masami Kawahara, Kazuhiko Igarashi, Hirokazu Tsuji, Yasuto Nakatsumi. A case report of rifampicin content in a red bezoar, which was found in a petient who took rifampicin for the treatment of pulmonary Mycobacterium avium complex. 15th International congress of Therapeutic drug monitoring & Clinical toxicoclogy. September 2019(Kyoto, Japan).

 

鳥羽英理子、河原昌美. 中小病院におけるTDM業務開始. 第34回日本TDM学会・学術集会. 2017年9月(京都). 

 

宇夛裕基、藺上圭子、鳥羽英理子、高桑浩、林朋恵、河原昌美. 乳房原発DLBCLを発症した血液透析患者に対するCNS再発予防としてのMTX髄腔内投与:症例報告. 第34回日本TDM学会・学術集会. 2017年9月(京都).

 

梅下翔、河原昌美. オキシコドン、アルプラゾラムとホスアプレピタントの併用により呼吸抑制を発現した一例. 第15回日本日本臨床腫瘍学会学術集会. 2017年7月(神戸).  

 

受賞など

○2019年度

がん専門薬剤師優秀症例賞 受賞
藺上圭子

 

第2回石川県病院薬剤師会研究奨励賞 受賞
宇夛 裕基

 

○2018年度

第1回石川県病院薬剤師会研究奨励賞 受賞
鳥羽 英理子