• 文字サイズ

    標準

    最大

  • お問い合わせ076-245-2600

診療科・部門

薬剤室

薬剤室

薬剤室は、一階の外来待合室に面した内服・外用薬調剤室と、地下の注射薬調剤室、薬品保管庫、製剤室の二階建て構造です。
外来患者さんからは、一階の窓口しか見えませんが、地下でもたくさんの薬に関する仕事をしています。調剤だけでなく、患者さんの薬物療法が効果的に行われるように、患者さんと面談して薬の説明、副作用の確認をしたり、感染症、栄養管理、疼痛管理、糖尿病指導、医療安全など多くのチームにも参加し、薬剤師の視点で貢献できるよう勉強しています。
薬剤師の平均年齢は若く、みんな元気に楽しく仕事をしています。
それぞれが専門性を持って、より高度な薬物療法に貢献できるよう、日々研鑽を積み、専門薬剤師や認定薬剤師を取得したり、臨床で出会った課題を研究し、学会発表、論文発表につなげています。

診療(業務)内容

調剤業務

金沢市立病院では、原則、院外処方箋発行となっていますので、主に入院患者さんの薬を調剤しています。
患者さんの状態に合わせて、一包化、粉砕、分割、簡易懸濁など飲みやすさの工夫もします。

医薬品情報

薬に関する様々な情報は、製薬会社、厚生労働省、医薬品卸、学会等から届きます。
これらの情報をもとに、DIニュースを月に2回発行します。
特に病棟で使える情報をわかりやすく一覧にして届けます。
(例:DPP-4阻害薬一覧、二段階希釈が必要な薬剤一覧、手術前休薬の一覧など)

注射薬調剤

入院患者さんや外来患者さんの注射薬を、アンプルピッカーで一回分ずつ調剤し、病棟や外来へ届けます。
注射薬カートは、施錠できるようになっており、安心です。
個人情報保護のため、注射薬カートの名前は、使用前は非表示にしてあります。
中心静脈栄養、抗がん剤のミキシングはそれぞれ専用の部屋で自動監査システムを用いて調製します。

製剤・TDM

市販されていない製剤を作ったり、大容量の点眼薬を小分けしたりしています。
蒸留水製造装置や、オートクレーブ、吸光光度計、遠心機なども備えています。
院内で頻用される薬剤の血中濃度を測定し、投与設計を行います。

スタッフ紹介

 

竹田 和喜室長

【専門分野】
医療薬学

【資格等】
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師、日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター 認定薬剤師、日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師

宇夛 裕基

宇夛 裕基主査

【専門分野】
がん、感染

【資格等】
博士(薬学)金沢大学、日本医療薬学会がん専門薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師、日本DMAT隊員

今井 富紀子

今井 富紀子主任

【専門分野】
栄養

【資格等】
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師

藺上 圭子

藺上 圭子主任

【専門分野】
糖尿病、がん

【資格等】
日本病院薬剤師会生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、糖尿病療養指導士、日本医療薬学会がん専門薬剤師、化学療法レジメン登録担当

鳥羽 英理子

鳥羽 英理子

【資格等】
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、日本病院薬剤師会平成29年度生涯研修履修認定、日本薬剤師研修センター認定薬剤師

小路 晃平

小路 晃平

【専門分野】
栄養、救急

【資格等】
ホスピタルアートプロジェクトスタッフ、まちなかサロンスタッフ、DIニュース編集担当

奥 真由

奥 真由

【専門分野】
感染

【資格等】
転倒転落予防チームメンバー、感染制御チームメンバー

中野 智尋

中野 智尋

【専門分野】
緩和ケア 

【資格等】
緩和ケア回診メンバー、薬事委員会事務担当

吉田 芙美

吉田 芙美非常勤

【資格等】
転倒転落予防チームメンバー

その他(専門外来、研究、設備等)

がん患者指導

日本医療薬学会がん専門薬剤師が2名在籍しています。
がん化学療法に関する説明、相談に随時対応可能です。
薬の副作用、治療上の不安などお気軽にご相談ください。

薬物血中濃度測定、投与設計 

シーメンス社 Viva-Eシステムを使い、血中濃度を測定し、投与設計を行います。
外注測定項目、院内測定項目いずれに関しても、半減期、採血時間、服用時間から有効性の判断ができる体制を整えています。
院内測定項目(フェニトイン、バルプロ酸、カルバマゼピン、フェノバルビタール、テオフィリン、ジゴキシン、バンコマイシン、メソトレキセート)

レジデント制度あり

日本医療薬学会のがん専門薬剤師の研修施設です。
レジデント(5年間、月給制)を引き受けて指導します。
ご希望の方は、お問い合わせください。

TABジャッジ(ユヤマ)

一包化された薬剤を瞬時に識別できるシステムです。患者さんの常用薬を正しく鑑別できます。